1

カートが空です

Bees and The Bearable by Chen Zhe(陳哲)

Bees and The Bearable by Chen Zhe(陳哲)

Sold Out


2刷:2018年10月初旬完成予定
東京都写真美術館「愛について アジアン・コンテンポラリー」出品予定

サイズ: 260 x 210mm / 280ページ
初版800部
2016年3月、Jiazazhi Press発行

About the book

チェン・ズ(Chen Zhe)の最初期の作品「The Bearable(2007-2010)」は、彼女の自傷行為の経歴を緻密に捉えたドキュメントだった。それは暗く重いものだったが、時に幸福感あるものでもあった。チェンは、その作品に続くシリーズ「Bees(2010-2012)」で、自己実現という精神的な迷宮に入り込んでいった。彼女が被写体とやりとりを交わした、手紙や日記、ネット上でのチャット、言葉の引用、落書きといったものを取り入れながら彼女の作品制作は広がりをみせ、不安な心や傷を負った身体、そしてその2つの捉えどころのない繋がりを表現するために、“新しい伝え方”の可能性を探っていった。

本書は、チェンが自身の長きに渡って抱えてきた問題に終わりを告げるためのものでもある。言葉と写真が入り乱れるように、本が綴じられており、彼女が日々行なっている探求、発見、リサーチのプロセスが感じられるような1冊とおなっている。
自分の存在意義を理解しようとするために、自傷行為のように、自身の存在が危機にさらされるようなことが起こったらどうするだろうか。私たちは、それを現代的な生活の重荷から逃れるか、または逃げ道として見なければならないでしょうか。各々の反応は異なるかもしれませんが、この本は、間違いなく私たちを結びつける心理的なつながりがあることを示しています。
すべてのことはそこから始まるのです。


Chen Zhe's first series, The Bearable (2007-2010), is a reflective documentation of her dark, though occasionally euphoric, history of self-inflicted harm. Chen continued to penetrate the psychological labyrinth of self-realization in her subsequent project Bees (2010-2012). By expanding her photographic observations with a collection of letters, dairy entries, online chat histories, quote fragments and scribbles that she exchanged with her subjects, Chen searched after the possibility of “another way of telling" in the aim of portraying the disquieted souls, the wounded bodies and the elusive link between the two.

The book is Chen's closing statement of her long contemplation on the issue. Presented as a layered notebook which weaves in and out of images and texts, the publication restores Chen's practice as an ongoing process of exploration, discovery and research. What happens when actions that can jeopardize one's existence, such as hurting one's own body, in return serve the purpose of understanding the existence itself? Should we see it as a fluky escape, or a relief from the weight of modern life? While the individual response may differ, this book illustrates that there still lies psychological connectedness that undoubtedly link each of us together. Everything else follows from there.

This book is shortlisted in Unseen Dummy Award 2014, and won Kassel Fotobookfestival The Best Book Award 2016.

About the artist

チェン・ズ(陳哲)は、1989年中国・北京生まれ。2011年アート・センター・カレッジ・オブ・デザイン(ロサンジェルス)卒業(写真専攻)。自傷行為をテーマにした作品〈Bees & The Bearable〉で第3回三影堂撮影大賞受賞(2011年)、連洲写真フェスティヴァル年度賞(2012年)、Xitek・ニュー・タレント・アワード(2015年)、また、2016年には同名の写真集でカッセル・フォトブッ ク・フェスティヴァルで最高賞を受賞するなど、現在、最も注目されている中国の女性アーティストである。現在進行形の最新作〈Towards Evening: Six Chapters〉では日記や手紙を素材に、言葉とイメージの問題をテーマにしている。