1

カートが空です

Entropy at Home by Wilhelm Schürmann

¥18,900


Wilhelm Shurmann は様々な点において、1970年代からドイツのアートシーンに影響を与えてきた。1973んえ、彼とRudolf Kickenはドイツの地方都市アーチェンで写真を取り扱うギャラリーを始めた。ギャラリーを辞めてからは、30年間あーチェンの大学で写真を教えていた。1980年代初め、彼と妻のGabyとで現代美術のコレクションをし始めた。彼独自の視点は写真においてのみならず、収集活動においてもはっきりとしていた。数々の著名な作家の大型作品をはじめとして、ドイツでも最も有名で革新的なこれくしょんとしてしられている。また、コレクション展を開催したり、彼自身もキュレーションをすることをもあった。そして、ドキュメンタリーでのディレクションは有名である。

彼は屋外で撮影をし、田舎町も都会の風景も切り取っていった。また男性を撮影することもあり、その撮影がもたらす偶然の風景とその男性との組み合わせは時にとてもおかしなもので、それが彼の得意とするものだった。不確実さという彼の写真の本質かもしれないが、それらは日々の出来事に対する興味や彼のユーモアさを持ち合わせながら、この壮大な風景を観察する力から生み出された。



Limited edition: 500 copies
, numbered and signed by the artist

Published in: 2014

208 pages

Images: about 165 full page photograph

Printing: Offset / five colours

Dimensions: 12 x 9 1/4 Inch

Cover: hot foil embossing on natural linen

Languages: Englisch / French / German