1

カートが空です

A Journey in Reverse Direction by Zhu Lanqing(朱岚清)

A Journey in Reverse Direction by Zhu Lanqing(朱岚清)

$41.00


サイズ: 170x230mm / 144ページ / 上製本

Jiazazhi Press発行


About the book

朱岚清の故郷、中国福建省の小さな島・東山島で本作は制作されました。中国の多くの地域がそうであるように、朱の地元である東山島も急速な近代化が進み、かつてそこにあった光景はどんどん失われていっています。
また、景色だけではなく、それに伴って、伝統的な暮らし(衣食住など)も大きな変化を遂げて、自分の故郷がまったく違ったものになってきている現実があります。
朱は、多くの写真を撮影し、収集してきたものをまとめることによって、本作を作り上げてきました。彼女にとっても「記憶の薄暗い中を旅するような」ものであるが、自分たちにとって故郷とはなにかを問いかける1冊です。

ーーー
これらの写真は、福建省の張州に位置する東山島で撮影された。

中国の近代化した都市の急速な発展は往々にして故郷を離れた人が記憶喪失のようになり、ここにかつて自分の故郷が存在したことがあること忘れさせてしまう。本当にかつて存在した場所を忘れてしまうのだ。
その足どりを追い、イメージで変化を撮影という行為で「立ち向かう」していくしかない。
故郷は私が生まれた時から影響を与え、私を形作ってきた。本書の冒頭にあるように、私は祖母の部屋で見つけた祖先からの伝統衣装を着ていた。故郷と私はこのように相互作用している。おそらく私が見ているのは、それが私が見たいものかもしれない。私の故郷の写真を撮ることは、記憶の薄暗い中を旅するようなものでした。

本作では、故郷にある八尺門というダム、家庭、食料、土、神々、海という要素を私の故郷を再構築する手がかりとして、収集した故郷の記憶と現実の断片を一冊の本にまとめた。
このような形で、これらの紙に空間、人、物を凝縮させ、何層にもわたって覆い、広げ、故郷と私の意味を示したようなものです。この作品は私の故郷の本書で再現しています。それは、都市化が徐々に進む過程の断面図であり、私たちにとっての家が何を意味するかを考えることのきっかけになるでしょう。
ーー朱岚清

About Artist
朱岚清(Zhu Lanqing/ヂゥー・ランチン)
1991年、中国福建省漳州市東山島生まれ。中国人民大学新聞撮影科を卒業後、台湾輔仁大学応用美術研究所に入学。彼女の作品は通常故郷と地方に関係しており、すでに多くの雑誌やウェブサイトで発表されてきた。また、越後妻有トリエンナーレ(日本)、アルル国際写真祭(フランス)、FORMAT国際写真祭(イギリス)など、様々な美術館や写真祭で取り上げられている。
彼女は写真の表現方法の可能性に興味を持ち、自費出版も手掛けている。2012年にPhotoeyeの年間ベストブックにノミネートされ、2014年には三影堂写真大賞(中国)を受賞、2015年には集美アルル・ディスカバリーアワードとバルセロナ国際写真賞を受賞したのに続き、2016年にはPhoto Boiteにおいて“30UNDER30”に選定された。その後3カ月間、スイスFDDM財団の支援を受けてスイスで滞在制作を行った。


These photos were taken on Dongshan Island, located in the Zhangzhou area of Fujian Province.

Modern urban's development tends to afflict those who leave with amnesia-they forget such a place ever existed. I can only follow behind them, using images to “resist” these unforeseen changes. My hometown has been influencing me and shaping me since the day I was born. Like the beginning of a story, I found an outfit passed down from my ancestors in my mother’s room. This is how my home interacts with me. Maybe the only thing I can see is what it wants me to see. Photographing my hometown was like traveling through a dingy memory, through an internal negativity.

In the works, I use the Bachimen Dam, Home, Food, Soil, Gods, and Sea to recreate the beacons of my hometown. I've combined these memories and fragments into a book. This process seemed able to distill the spaces, people, and objects onto the pages. By imposing and removing layers, this volume exposes the significance my hometown has to me - the work is a representation of my hometown in illustrations. It is a cross section of the gradual process of urbanization, allowing us to connect with a city that is frozen in place and reflect on what home means to us.


About Artist
Zhu Lanqing
1991, born in Dongshan Island, Fujian Province, China. She graduated from the Department of Photojournalism at the RENMIN University of China and then moved to Taiwan to study at the Institute of Applied Arts in Fujen Catholic University. Her works are most related to the hometown and place, have been published in many magazines and shown at different international art festivals like ECHIGO-TSUMARI ART FIELD, Rencontres-Arles International Photo Festival, FORMAT International Photography Festival and so on. She is interested in the possibilities of the presentation of photography especially handmade book. Her first book was selected in the list of Photo-eye’s Best Books of 2012. Her second book A Journey in Reverse Direction won the Three Shadows Photography Award 2014 and Jimei×Arles Discovery Award 2015. She also won the Barcelona International Photography Award 2015 and Photo Boite 30 UNDER 30 2016. She just finished an artist residency program in Switzerland for three months supported by FDDM.