1

カートが空です

The Happiness that Exists Here by Aki Kondo

ここにあるしあわせ|近藤亜樹

¥5,500


2021年3月中旬発売 / 予約受付中

220 x 280mm | 128頁 | 上製本

寄稿:神山亮子
デザイン:鈴木 聖
発行: T&M Projects + ShugoArts (2021年3月)
ISBN:978-4-909442-18-5


「A Hundred Flowers」描き下ろし作品付特装版
近藤本人は本書のために特別に1枚ずつ描き下ろしたアクリル絵具による花の作品100点を特装版「A Hundred Flowers」として限定発売

-
「ここにあるしあわせ」は「ただそこにあるというしあわせ」。
この世にカタチがなくても、何かが存在している、そして存在したという痕跡が私達の側には沢山あると思うのです。それは人の魂の中に宿る温度や色彩のようなものかもしれません。
目には見えない記憶をたどって描き、描くことでまた記憶にたどりつく。
それらの全てがここにあるしあわせです。
─ ─ 近藤亜樹

-
2019年冬から2020年春にかけて、近藤亜樹が故郷・札幌にて描いた50点の作品群「ここにあるしあわせ」。

近藤亜樹の大胆で伸び伸びとした筆致や鮮やかな色使い、ユーモラスで想像力を掻き立てるイメージの数々は多くの人の心を捉えてはなしません。その一方で近藤の制作は東日本大震災や身近な喪失の体験を経て、常に独自の死生観のもとに描かれています。「ここにあるしあわせ」のモチーフは、生を祝して贈る花、生を労われて贈られる花、彼方へ眼差しを放つ子供、重なり合う空のコップなど、他者と関わりながらも、個々に明滅する命の姿でもあります。如何なる状況下においても絵画から離れることなく、また悲壮な表現に甘んずることなく、今生きることを力強く肯定する作品を描き続ける近藤亜樹。今までは絵が生まれるスピードに時として自分の気持ちが追いつかなかったといいますが「ここにあるしあわせ」の制作を通し、生きることと描くこととが重なり合う実感を得るに至りました。

本書では、絵具の光沢や盛り上がり、たっぷりとした筆の流れ、重なり合う色彩など近藤絵画の特徴・魅力が紙面の上で充分に伝わるよう、熟考を重ねて印刷でも実現しました。また作品と対峙し、その喜びを感じられるような構成になっています。本棚にずっと置いておきたくなる、充実の1冊です。


展覧会情報(東京4会場)
シュウゴアーツ
2021年3月13日(土) ‒ 4月10日(土)
東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
火-土 12時-18時 日月祝休

フィリップス 東京

2021年3月13日(土) ‒ 4月9日(金)
東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル 4F
火-金 10時-17時 土日祝休
3月13日(土)のみ12時-18時オープン

現代芸術振興財団
2021年3月13日(土) ‒ 4月9日(金)
東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル 4F
会期中常時展示 *外廊下よりウィンドウ越しに見ていただく展示となります

代官山 蔦屋書店
2021年3月12日(金) ‒ 3月26日(金)
東京都渋谷区猿楽町17-5
年中無休 (営業時間はHPをご覧ください)

各会場の会期が異なりますので、ご注意ください。