1

カートが空です

Live in the South Wind by Zhu Baolei 朱宝蕾「南方褶皱」

Live in the South Wind by Zhu Baolei |朱宝蕾「南方褶皱」

$58.00


275x180 mm(函のサイズ:295x 200mm)|104頁|ソフトカバー(特別函入)
言語:英語・中国語
出版:Jiazazhi Press


記憶とは時間の「ひだ」のようである。 建物の静かな廃墟を探ると、残された物や人類の痕跡を見つけることができる。

2000年代に入ってから、中国のほとんどの都市で都市化や大きな変化が起きている。南西部の国境地帯にある都市、南寧(ナンニン)も例外ではなく、前世紀に建てられたさまざまな家屋が次々と取り壊されている。 ある世代の成長と生活に寄り添ったそれらの空間は、その後姿を消してしまった。

2018年に入ってから、朱宝蕾(ズ・バオレイ)は南寧のあちこちにある廃屋に何度も足を踏み入れ、そこに捨てられた物や古い写真を探した。朱にとって、これらの廃墟は都市と世代の歴史を担っている。 街にひっそりと佇む古くて役に立たない廃墟は、長い時を経て沈黙し、時代の変化の中で傾き、波立ち、まるで地殻の「ひだ」がしぼみ、変形するようだった。

朱は本作『Live in the South Wind』において、読者を記憶の扉へと誘い、放棄と再構築、隠蔽と消失、変化と分離の中で刻々と変化する空間記憶に抗う。本書で提示されているのは、ノスタルジックな街の風景ひとつではなく、廃墟と化した街の建物の変遷、人と建築空間の相互作用、変化する建物の秩序、日常生活の流れなど、朱のイメージがリアルに提示されている。

ーー
本書は、写真集が特別に作られた函に収められている。
函には3つの封筒があり、そのなかにも写真が収められている。(商品画像2枚目)
記憶を辿られるような、とても丁寧な仕様の本となっている。
ーー

朱宝蕾(ズ・バオレイ/Zhu Baolei)
フリーランサー。中国・南寧(ナンニン)在住。言葉数は少ないが、よく歩く人間。
ーーー

Memory is like "folds" of time. Exploring the silent ruins of buildings, one can find objects left behind and traces of humanity.

Since the beginning of the 2000s, most cities in China have undergone urbanization and major changes. Nanning, a city in the southwestern border region, is no exception, with various houses built in the last century being demolished one after another. Those spaces that accompanied the growth and life of a certain generation have since disappeared.

Since the beginning of 2018, Zhu Baolei (朱宝蕾) has repeatedly visited abandoned houses all over Nanning, looking for objects and old photos discarded there. For Zhu, these abandoned buildings carry the history of the city and generations. The old and useless ruins quietly standing in the city have been silenced for a long time, tilted and rippled in the changing times, as if the "folds" of the earth's crust were squeezing and deforming.

In this work, "Live in the South Wind," Zhu invites the reader to the door of memory, defying the ever-changing spatial memory in abandonment and reconstruction, concealment and disappearance, change and separation. What is presented in this book is not a single nostalgic cityscape, but a realistic presentation of Zhu's images of the transition of buildings in an abandoned city, the interaction between people and architectural space, the changing order of buildings, and the flow of daily life.

-
Zhu Baolei, aka Lei Baozhu.
A freelancer, currently living in Nanning. She walks a lot, talks a little.